■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■プロフィール

サチヨ

Author:サチヨ
横浜出身のサチヨです。
理由なくフランスに惹かれて、ワーホリでの1年間の最後の一週間で、今のだんなさんである仏男と出会いました。

何事も超前向きな元パン職人の現コックさん、サチヨ。
それを超えて前向き、パワフル、日本食が大好きな彼とともに、アルザスで元気に暮らしております。
サチヨは1980年申年、だんなさんは1979年未年生まれ。

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

人間的成長



2017年の我が家の日本滞在が終わりました。

2008年から毎年必ず日本へ帰って、もう9回。

2004年に生まれた姪は13歳、2007年に生まれた甥は10歳です。




1歳の時にはじめましてをした甥っ子は、旦那さんと

任天堂のゲームで大盛り上がり、

6歳になった長女も以前のような騒々しさはなくなり、日本語をパパより理解する
使えるお姉ちゃんになっていました。



日本の小学校へ体験入学させてもらえることになって、

初日に少し恥ずかしがっていた長女も、最終日にはお友達が我が家(実家)に来てくれるほど
仲良くなったようで、ますます逞しく成長したなと実感しました。


次女は、空前の赤ちゃん返り期で騒々しいのとややこしい・愛嬌振りまき・聞かん坊が
大洪水でした。


3歳の次女には、寝て起きたときの風景がまったく知らない家「和風の畳のお部屋」なことに
相当の衝撃があったようで、数日間は「ここはどこ?わたしはだあれ」状態。

「いつ、私の家に帰るの?」と、日本旅行はちょっとそこまで来たような雰囲気に捉えているようで、
こちらとしても困惑しました。上手に説明してあげていないから私が悪いんですけど・・・。


長女の下校時間に昇降口まで迎えに行くことになっていたので、
昼間の外出は地元どまりで、

動き回ったり、観光したりはなかった今回の滞在は、

近年、帰省するたびに思う”忙しくて詰め込みすぎで本末転倒”な旅行から
一歩進化した、

ゆったりのんびり、考えながら充実した滞在が出来ました☆




赤ちゃんとともにのんびり。



飛行機に赤ちゃんを抱いて乗ることはもう一生ない!と、
最後の飛行機旅を噛み締めながら、フランスへ戻ってきました。
(地味に、前の席のポルトガル人のシート倒しすぎな件がストレスで、
赤ちゃん抱えながら、液晶画面が顔すれすれで食事している時に、頭から煙が出そうでした><)






そのストレスのおかげで、帰ってきた日は、20時間ぐらい、寝ては起きて授乳、そして寝て、起きて授乳。

合い間に荷解きもして、2日間くらいは家から出ずに廃人になっていました。






ああ、日本。


感謝感謝。




IMG_0006_convert_20171022193840.jpg

753 @ ファイファ家~

続きを読む >>
スポンサーサイト
日本滞在記 | 12:24:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
新居、雑然。




まだ8月。
夏休み中。 この数日後から、長女小学校入学(入学式のようなモノは皆無)、
次女幼稚園入園(上に同じく)、

その準備は7月中に終わっていたので、慌てることなく家の片付け・引き渡すマンションの掃除、などなど。


P1470337_convert_20170921162354.jpg

長男へ、長女から絵の贈り物。

P1470338_convert_20170921162509.jpg

この日の夕飯は、旦那さんが仕事で不在。
長女はママ宅。次女と二人で仲良くオムレツを作って^^。

次女、卵が大好き♪

P1470341_convert_20170921162830.jpg

仕事から帰ってきた旦那さん。
この時期は毎日のように、お祝いを貰って帰ってくる日々。

人徳ですな。

P1470343_convert_20170921163104.jpg

翌日夕飯は、簡単にタコス~。
タコスキットは簡単でおいしくて便利便利☆

姉妹はきちんと食べたか微妙なラインだったけど・・・そういうこともちょこっと気にせず、
この時期は服着せて、食べるものが目の前に用意できて、遊んだ体を洗って・・・が
出来れば上々とする。


きっと彼女たちの記憶に残る日々になるだろうなと実感しながら、
毎日笑って少しずつでいいから前進しながら楽しく過そう、とそれが大切だと感じる。


↑でないと、なにもかもが大変で思い通りになっていなくて・・・ストレスではげそうに。

引越し・リフォーム | 08:40:37 | トラックバック(0) | コメント(2)
引越し翌日。








引っ越してきた日の夜、


P1470319_convert_20170920232550.jpg

荷物を掻き分けて、

今使うもの・数ヵ月後使うもの(この時期は暑かったけど、来月は寒いだろうという感じ)・来年以降使うもの・・・
などなどの仕分け。



続きを読む >>
引越し・リフォーム | 15:50:19 | トラックバック(0) | コメント(1)
中古一戸建て。



とうとう購入できそうです☆


サインする日程が決まりました~~

P1470227_convert_20170919054911.jpg

二階建て、地下室あり。広さ面では申し分なし。

P1470228_convert_20170919055144.jpg

裏側はこんな感じで。 増築されている。

P1470231_convert_20170919055324.jpg

お庭。今のところ、砂利。
この砂利で姉妹はほうっておくと一日中遊ぶ。

P1470242_convert_20170919055520.jpg

一回、増築部分から台所、リビング方面を眺めるの構図。
手前側見て、
土台?みたいの(コンクリート)、見えてる☆


P1470246_convert_20170919055635.jpg
2階。右が子供部屋その隣が大人の寝室。
その隣がシャワー・トイレ室。

廊下に暖炉。
暖炉の向かいには簡単なキッチンも!ハテナ。

上と下、2世帯住宅的構造~。フムフム。



この家、なんと、
室内に4つ暖炉があるんです。信じられない話だけど、本当なんです。




そのかわり、ガスの暖房はついていません。
木を燃やす以外は家を温める方法はありません。
(電気ストーブやヒーターは別の話だけど)

↑古典的な生活になるのかな、火がつくまでとか朝寒いのかな。


この9月2週目くらいから気温がぐんと下がって、
さっそく家族中風邪、室内が外気温とほぼ同じ感じで今は何とかやっています。




もうすぐ日本へ行くので、

第一発目の風邪ひいておいてよかったな、なんて思っている私でした。


引越し・リフォーム | 22:13:54 | トラックバック(0) | コメント(3)
遂に~! 新居へ引越し。

9月1日に

”マンションを売り、引き渡す”ことが決まっていたので、

その日を受けて、この日に新居のほうへ引っ越しました。



新居、まだ買ってない状態で、
今日現在(9月15日)今もなおまだ買ってませんが><。



P1470304_convert_20170917063837.jpg

旦那さんの8月の仕事が休みの日が残すところこの日しかなくて、
ぎりぎりでマンションから出て行かないといけないので・・・引っ越しました。

まだ買っていない家へ。

この話はふつうは珍しい話でしょうが、我が家の場合は
大雑把に言うと、買うためのお金がなくて住んでいた家を売らないと買えない、

そのことが原因です。

元手がいっぱいあって買う場合は、住んでいるほうの家を売る前に
新しい家を買って工事などを済ませてから住むために引っ越すのが
ふつうであり、賢い方法です。

P1470306_convert_20170917063950.jpg

運がよく、新居の売り主が悪い人ではなかったので、
「どうせ買うんだし、どうせ住むんだし、まだサインは済んでないけど
住んじゃって良いよ」という契約にOKを出してくれたから。


賃料、ゼロ。ラッキー。


まあ、そもそも売買契約のサインが済んでいなかったのは、売主のおじさんが
やるやる詐欺で、新居の約束していた工事をしてくれていなかったのが発覚したからで、

売主が原因なんですけどね。


P1470307_convert_20170917064136.jpg

私たちは(1時に寝て)5時おきで荷造り、8時から友人がどんどん来て
どんどんダンボールなどを運んでくれて、12時にはほぼほぼ終わっていて、

この写真で13時ごろでしょうか。

P1470308_convert_20170917064326.jpg

私がこの写真を撮ったのは14時半ごろ。アパートの荷物は全部(冷蔵庫も洗濯機もガス台も)移動させた状態です。
一言で言うと、早い。



P1470317_convert_20170917064511.jpg

ただ、想像より早く終わった分、その引越し作業の中身は「・・・」なもので。

全員旦那さんの友達で、みんないい人だけど、
とにかく急いでいた友人が数名いたせいで、破損、紛失が多くて、

「あれどこだ?」「ここがぶっ壊れた」系の問題がいっぱいいっぱい><。


私もこの日に、マンションのほうの鍵が行方不明に~。
手に持った状態で、急かされたことが原因でどこにやったのか本当に分からなくて・・・。



3日くらい見つかりませんでした。



結局、最後のほうにてきとうに詰め込んだダンボールの中にあったし、
どこか遠くに行ってしまったとは思っていなかったのでまあいいんですけど。


旦那さんは、ベッドや収納家具の部品がなくなったり、壊れているのを見つけるたびに
激怒していました、
一人で。



↑怒る相手はもういないし、組み立てとかは今少しずつやっている最中なので。




ちなみに、急いで大慌てで手伝ってくれた友達はこの写真には写っていません~。

ともあれ



終わってよかった☆

引越し・リフォーム | 22:45:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad