■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■プロフィール

サチヨ

Author:サチヨ
横浜出身のサチヨです。
理由なくフランスに惹かれて、ワーホリでの1年間の最後の一週間で、今のだんなさんである仏男と出会いました。

何事も超前向きな元パン職人の現コックさん、サチヨ。
それを超えて前向き、パワフル、日本食が大好きな彼とともに、アルザスで元気に暮らしております。
サチヨは1980年申年、だんなさんは1979年未年生まれ。

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

あと一週間・・・(><)

あさっての木曜日から、金・土・日(たぶん休み?でも出勤といわれるかも??)・月・火を

働けば、

約40日間(くらいかな〜)のバカンスに入ります。




最後の踏ん張り、何が何でも頑張らなきゃーと思えば思うほど、

仕事に行きたくない・・・。



普通の営業そして、大掃除・段取りよく進めるっていうのが・・・


ほーーーんっと頭使うーーーーーーーーー!!!



でもいやでも、なんでも あと5回。




やるしかないのだと思います。(てゆうか、やるしかない。)


自分の根性を鍛えるいい機会だと思って、

神から課せられた試練だと思って、



嫌な気持ちを持ち合わせながら、気合いで働きます。




バカンスっていいながら、出発の準備に関しては
なにも手をつけていない。


ま、そんなもんでしょう。


昆布と鶏肉で何かおいしいにものを作りたいんですけど、
いいレシピないかな・・・

















P1100439_convert_20140121230159.jpg
嫌な事ばかりなフランス生活(言い過ぎ!)のホット一息できる瞬間。

P1100440_convert_20140121230524.jpg
それはインスタントのおいしいお麩のお味噌汁を好きな人と味わってる時。
この日は、みーちゃんと♪ みーちゃんにはピンクのお麩がソーセージに見えたみたいで
ばくばくたべてたー☆



スポンサーサイト
仕事 | 15:22:57 | トラックバック(0) | コメント(3)
いまだかつてないはなし

職場が大変なことになっています。


クリスマスマーケットに向けて、

期間限定の料理人が来たのが、一週目(11月最後の週末)の木曜日。

体の大きなヒゲの生えた23歳くらいの大きな男の人で、

まともに動かず言われたことをやる感じで木・金が過ぎ、
翌土曜日。

朝、ちょっと早く来てシェフと話したいと。


内容は「やってみて思ったんですが、僕にとって飲食の仕事は
ちょっと向いてないみたい。どう思いますか?
シェフが(以後どうするか)決めてください」ですと、

まあ、驚く内容でした。



もちろんシェフはそんな人が一番使いたくないタイプなので、
そのまま帰ってもらったのです。

で、その日の午後になんと、

次の料理人(期間限定)が面接に来て、
翌朝から働きました。

日、月、火、木、金(水曜は休み)と働き、
動きもよく、

みんなもすごく気に入って、彼(ニコラ、26歳くらいかな)も
「この時期にクリスマスマーケットの人員として働くんだから、
たいていのことは承知しています。
シェフもいろんなやることがあるようだから、ぼくにもどんどん
指示ください。」と言ってて、

すごく安心しました。このままよく働くニコラとならクリスマスマーケットも、
楽しく乗り切れるかもしれない!と
思っていたのもつかの間、


土曜日
(この前の土曜日です、計300人の予約が入っていた多分今年で一番
忙しくなるであろうとみんなで話した、あの。)




9時、ニコラ来ません。




その後も、ワタシ達は準備があるので恐ろしく忙しく働きながらも
待ちましたが、

結局、


ニコラは連絡もなし、こちらからの電話にも応答なしの

おそろしいタイミングのばっくれで、今日まで音信不通です。







どういうこと???ですが、

当事者のワタシ達は、そういう話を話す時間はなく、
ひたすら働き、

もちろんわたしも朝から晩まで働き、
週末を乗り切りました。



日曜日、私は夕方に帰れる算段ですが、

ニコラが来ないから、料理人がいないので働くことになりました><。


でもシェフがちょっとだけやさしくて、
山場を超えた20時半過ぎに「もう帰っていいよ」と言ってくれて、
掃除もしないで、帰りました。

(掃除はマリー1人に・・・。
ただ、マリーは12時出勤、私は8時半出勤です!!!もちろんその翌日も)





ということで、

大変てんやわんやの「だいぶ仕事量が多い」毎日ですが、

昨日、3人目の期間限定さんがきまして、


この人は女性です。


今日一緒に働き、仕事後の床掃除を一人でやってくれたので、
大変助かりました!!!!!


どこに包丁があるの?たまねぎはどこ?
これはどこに片付けるの?のいっさいがっさいを

シェフには聞きにくいので、聞き易い外国人労働者(私)に聞いてくるので、


注文が入ってる時に、自分で考えながら組み立ててどんどんお皿を
用意して、送り出している(日本語でなんて言えばいいのか、
なんかわからない。フランス語だと、送るという動詞なので・・・)最中に、

「次なにすればいい?」「にんじん、皮むいたんだけど・・・」みたいに話しかけられて、

とってもとっても集中力が切れて、
すごく疲れました。



一番大変な時期に、何をすればいいのかわからない人がいるのって・・・



どうなんでしょうか。




でも、床掃除要員としては♪すごく助かります←なんて失礼な!!。







クリスマス迄2週間。


あと、
何人の
期間限定料理人がくるのかな☆
っていう皮肉。

















P1100008_convert_20131211015322.jpg


続きを読む >>
仕事 | 18:40:13 | トラックバック(0) | コメント(1)
急に寒すぎるのです。





まあ、気温なんですけど。

木曜日、8時半出勤なので8時ごろに家を出て車を走らせて、
妙に寒いな、ああ寒いなと、外気温が測れるボタンをポチッとなしたら

6℃でした><。

それは、寒い訳だよ。スパッツ履いて、長袖着てトレーナー着て、ダウン着ても、寒いんですよ。
(私が寒がりのせい。)


そのまま昨日も今日もまあ寒くて、
私が寒い寒いというものだから、

旦那さん、部屋の暖房をインしてくれました。
で、廊下や違う部屋、台所は極寒です。




まだ10月なのに、

うちから見えているヴォージュ山脈の向こうの方の山は雪が被っているし・・・。
ほんっとうに寒いのは得意じゃないので、ちょこっと憂鬱な私です。


でも、今朝の夢に「日本の実兄」が出てきて、
姪っ子や甥っ子、私の娘とおままごとのような、本当の料理のようなものをしていて、

それがなんだかかわいくて微笑ましくて、
起きた瞬間にすごーく幸せなキモチになりました。



職場に、研修生の料理人が9月から入ってきていて、
すったもんだがあったので、いなかったかと思ったら、

やっぱりやるみたいで、最近は頑張っています。


ジャニーズの錦戸くんみたいな顔して、金髪で、背が小さくて、
でもなかなか筋がいいというか、しっかりしていて、
一緒に働きやすいです。


ただ、14歳ってのが、
気になります。

週の3日、月・火・水は、料理の学校と”通常の高校(?中学??)”レベルの勉強とがあって、
体育もたまにやるんだそうで、

うちの職場にくるのは、木・金・土。3日間だけです。

日曜日は「未成年は働いちゃダメ」らしく、彼は休みです。
(私たちは仕事です。)


私に「前も厨房で働いたことあるけど、そこで働いている”女の子”はいつでもみんなにいじられてたよ」
「”女の子”をからかうのが、みんな好きだから」と、

私を”女の子”だと思っている14歳ですが、

それがやさしさなのかも?と思うような大人っぽいこともたまにいいます。


「あ、それ片付けておくよ。」と言ったら、

「僕が出したんだから、そんなことしないでいいんだよ。」というので、

「でも、ちょっと手助けになるかなとおもって」と返すと、

「人のやったことを君が後片付けするなんて、手助けにはならないと思う。」んだそうで。



14歳、されど、14歳。

12月に晴れて15歳になるそうで、
私はその頃、なにしてたっけなーっと、そんな風に思ったりしてしまう、今日この頃なのでした。













131012.jpg
ファッションリーダーのみーちゃん。


続きを読む >>
仕事 | 20:35:49 | トラックバック(0) | コメント(2)
マチルドゥ、退社。



もういつだったか忘れてしまったけれど、

確か3週間くらい前から病欠だったマチルドゥ。

今朝職場に現れて、シェフにお別れを言いにきました。


シェフはほぼ何も言葉を返さず、

マチルドゥに催促されて、給料明細を渡し、

そのまま「さようなら」と言って、彼女は去って行ったのでした。



理由も今後も何も分からないまま、また一人、仲良くなって
頑張って働いた仲間を失いました。


いつもそうだけど、

本当に味気ない。



彼女からの言葉ももらってないし、「なぜ?なにがあったの?」の質問の答えは、
職場の誰一人も

「知らない」のです。




カイゼルスベルグに住んではいるんだから、
どこかで会えたときは

元気に挨拶したいな。


とりあえず、おつかれさん。21歳の若造よ。
1年持たなかったけれど、私が入ってからは最長だったよ☆



職場は、

8月15日が祝日なのと、

8月9日から18日までのコルマールでの大型ワインフェアのおかげで、


いつもの3倍くらい忙しく、

勤務時間数も衝撃的長さ
ですが、


私は日々元気に働いています。



権利やふつうは・・・などと考えるのはもう止めました。


私は職場の一員として、

きっとかかせない人員になってしまっていて、


今ここでみんなで踏ん張らないと、それこそ給料ももらえなくなる、
そんな危機感というか、そんな風に取り組むようにしました。


尋常じゃない条件で勤務しているのは、ばかみたいで、
格好悪いかもしれないけれど、

”人として”は間違っていない。


昔々、今よりもうすこし貧しかった時代ってこんな風にみんなが
なぜか、

まわりの環境に対して、こんなふうに寛大な気持ちで、
一生懸命生きていたんだろうなって、


そんな風に心で感じたりして、


この2日間で娘には3時間も会っていないけれど、


自分のやっている事には、
自信を持って頑張ろうと、

思います。


さ、明日も

8時半~16時 プラス 18時半から22時半勤務。

もうねなきゃー





仕事 | 00:03:53 | トラックバック(0) | コメント(1)
情けは人の為ならず



この慣用句(?)は、

情けをかけるのは、その人のためにならないってゆうな風な意味でとらえてたことがあるのは、
みんな同じだと思います♪


私ももちろんその1人でしたが、

中学くらいのときに
「情けを人にかけるのは、人のためではない。自分のためになるよ」と言う意味だと聞いて、


はじめは「なにをばかな」と思っていたけれど、

口に出して言ってみると、「ならず」のところが「ならない」ではなく「ではない」であることに
気がついて、

その後は、ことあるごとに使ったり、間違って解釈してる人を注意したりしていました。


そして、今。



職場が大変なことになって(シェフとその弟たちの間にも紛争が起きるほど、多忙・激務)、

マリーが来ないコマ(ここでは敢えて、午前番・午後番を1コマと考える)にも
私が働いて、

自分が働くコマも働いて、

木曜・金曜・土曜・日曜が過ぎたら、

通常そこまでで4コマ働くのが普通の社会人の規則(そして、5コマないし6コマで1週間が終わる)のところ、

わたしは8コマ働いていて、


(ただし、シェフとその弟たち要するに経営者陣は、毎日13時間くらいは出勤していますが・・・)


普通の社会人としてだいぶ働いているな、しかも2才半の子供がいてよく頑張るなあと、
自分で自分を讃えてあげるしか、

何もなく酬われないなあと思っていた矢先、


「明日来ないでいいから。で、
火曜も水曜も連続で休みね。じゃ、次は木曜日!」
と、



日曜日の店じまい掃除中にシェフから言われました。


突然の3連休です!!!




月曜日にマリーが復帰で、木曜(正確には火曜)からわたしに負担をかけた分、
マリーに月曜と火曜を全部働かせようと思うと、3男ダニエルから聞いていたんだけど、


「そんなうまい話!!」と、なめていました。



しかし、その夢物語が実現したのです。


木曜日、金曜日・・・と、そのマリーもマチルドゥもいない状況の中、
文句も言わず、ただひたむきに快く働き、

ダニエルは今急遽厨房で働いているんですが、そのダニエルと助け合い、
彼の負担が重くならないように努力していたのも、
ダニエルには伝わっていたんだと思います。


情けというほどでもないけれど、
シェフがどう見ても困ってるので、

そこで「いや無理です」と言えなかったのもあるけれど、

シェフはわたしに「来てくれ」と下手にでてお願いしてきた訳でもないのに、


「じゃ、18時にまた来ますね。」(というのが、事実上のマリーのコマも働きます宣言)と、

自ら名乗り出た行為が、


シェフのためになったわけではなく、月曜日が休みになって、自分のためになったのです♪



情けは人の為ならず、自分のためになるよ☆

3連休が清々しく、働き詰めのこの猛暑の夏もなんだか好きになりました。






わたしって、やっぱお気楽人間だわー。

仕事 | 14:58:56 | トラックバック(0) | コメント(1)
次のページ

FC2Ad