■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■プロフィール

サチヨ

Author:サチヨ
横浜出身のサチヨです。
理由なくフランスに惹かれて、ワーホリでの1年間の最後の一週間で、今のだんなさんである仏男と出会いました。

何事も超前向きな元パン職人の現コックさん、サチヨ。
それを超えて前向き、パワフル、日本食が大好きな彼とともに、アルザスで元気に暮らしております。
サチヨは1980年申年、だんなさんは1979年未年生まれ。

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

ハローウィンでサマータイム終了。

昨日の夜のうちに時計を回しておいたので、今朝は驚くことなく起床出来ました。
これで日本との時差が8時間。

朝8時の空は、すっかり明るくて起きやすかったです^^。





続きを読む >>
スポンサーサイト
衣食住 | 14:45:35 | トラックバック(0) | コメント(2)
朝からお勉強。

昨日の朝、

なぜか物騒な言葉を口にしている旦那さん。

日本語でもある?と聞いてきたので、早速教えてあげました。

「目には目を、歯には歯を」だよ。と。



1029.jpg
昨日の社会保険事務所への用事の帰りに撮影。
コルマールの大広場・champ de mars シャンドマルスもすっかり秋。





続きを読む >>
夫のニホンゴ | 22:45:37 | トラックバック(0) | コメント(1)
朝が暗い。

8時に出勤の時は、

7時に起床するのですが、
最近の朝7時はまだ真っ暗です。


7時半ごろようやくうっすら明るくなり、

家を出て、車のライトをつけて走りだして少し経つと(7時50分)やっと明るくなってきます。



人間はわかりやすい生き物で、

7時の段階で日が出てるか出てないかで、

寝起きがさっぱり悪いです。
(いまのところ、妊婦パワーで朝からやる気があふれてて起きれてますが・・)



そんなお日様事情、
全てサマータイムのせいですよね。


どうも7時が真っ暗に慣れないので、
職場でジャンマークに

「いつサマータイムが終わり?」と聞いてみたところ、

なんと今週末だと。



7時が6時に、8時が7時になるので、
7時に起きたら、ちょうどいいようになります。



(きっとあらゆるブログのサマータイムの説明で一番わかりにくい表現をしてるな、私は。)




でも明日からは遅番だから、一週間は9時起きできる




1027.jpg
9月18日ごろ、念願かなってストラスのパリストアに買い物行きました。
その際に買ったお豆腐。大当たり!!!!

冷奴が劇的においしくて、サチヨカンゲキ!!!
でも75キロ離れてるから、しょっちゅう買いには行けない・・・><。













続きを読む >>
風景 | 20:12:31 | トラックバック(0) | コメント(1)
妊娠って何て素晴らしい^^。

大げさかもしれませんが、
日々、
妊娠してることを幸せに思います。




1024d.jpg
ドイツで買ってきたルイボスティーが妊婦さんにはいいと知って・・・
このティラミス、半端なくおいしかった~カロリーが心配だけど。

続きを読む >>
妊娠~出産 | 20:13:53 | トラックバック(0) | コメント(2)
20歳の研修生

フランスでは、いまだに日本で言う”インターン”制度が主流で、

どこでも研修生が職場に参上します。


実地で経験を積むと、学校での単位になったりするので、
わりとどの研修生も真面目で(ただ、いかんせん何も知らない若者なので、
言葉づかいや態度は問題はありますが・・・)、

どこの職場でも重宝がられます。


今まで働いたパン屋・菓子屋では、

常勤の研修生がいて、この子たちは学校には月に一度行くくらいで、
ほぼ毎日仕事して、学んでいるようでした。


1024a.jpg
もうすっかり秋ですねー  並べられたかぼちゃがかわいい^^





続きを読む >>
仕事 | 19:33:20 | トラックバック(0) | コメント(1)
おめでたいこと、そうでないこと。

10月20日。

シュヴァイツアー病院にて6カ月検診。(日本式だと今7カ月のはず)


14時の予約だったので、水曜日で仕事が休みだったから10時に起きて準備してたら
「診察時間、14時40分に変えてほしい」と携帯に電話がありました。

その旨旦那さんに伝言し、旦那さんは睡眠(いま夜勤さんで朝6時に帰宅なので)、私はのんびり朝ごはん。

13時になり、旦那さんが起きだしてきて、

いそいそと病院へ。


14時半には到着していたのですが・・・秘書さんのところへ”来ました”のあいさつをし忘れ、30分以上ロスしました・・・。



あわてても仕方ないので、遅ればせながら”来ました”のあいさつを秘書さんにしに行ったら・・・

マナフ先生は先ほど到着しました。
あなた方の前に少なくとも4人待ってますので、1時間ぐらい後にもう一度来てほしい
と言われ><。



そのまま待っててもいいとも言われたけれど、
待ち疲れで腰も痛いし(待合室の椅子、座り心地がわるい~~)、
旦那さんに買い物手伝ってもらいたかったので、スーパーへ行くことにしました。


1時間しかないので、すぐお隣のスーパーで食材の調達をして、

病院へとんぼ返り。


また待つこと15分・・・その時点で16時45分・・・・・。

呼ばれました!!やっとです!!!

元の予約は14時だったのが、変更に変更、待ちにまって、16時45分です><。
「こんな日は滅多にないんですがね~」と秘書さんは困り顔だったので、
今後はないことを切に願います。

だって、休みの日だから良かったけれどお互いに仕事の予定がある場合もありますから!!




今回の検診で、めでたいこと。

それは、祝 人生初の内診!



内診されて、嬉しい、楽しい人なんかいないかもしれないけれど、
私は、妊娠以前はもちろん、妊娠後もいまだかつて内診を受けてなかったんです。

これって、あんまりふつうじゃないような気がして、私なりに心配でした。

エコーや問診じゃ、わからないことだってあるでしょうに。

今までの公立の病院では「出血は?吐き気は?」以外の問診はほぼゼロだったし、
体重も私が気にして「体重計っても?」と伺って計っていたようなところで・・・。


フランスらしいのかなんなのか、
妊婦さんがおなか痛いって言ってないから、赤ちゃんは元気。
みたいな空気で
どうも検診の深刻さに欠けていました。


検診は、「血液検査の結果の確認会」みたいになっていて、「今回もOK。」で
それ以外は「元気そうだね、じゃまた来月。」で終了していました。



確かに、血液検査も尿検査も、問題なく、腰痛もなく、出血もなく、
心身ともに健やかだし、旦那さんも協力的だしで、

心配事はあまりないんです。


ただ、

子宮頸管の長さだけ・・・私なりに気になっていました。

重いものを持つたびに短くなっていくとかで、

私は仕事の関係上、毎日5キロはざらで10キロくらいのものをえいこらえいこら持ちまくりの毎日ですから。


これは、内診じゃないとわからないものです。




今回は、部屋に通された途端、足をかける部分が設置された診察台が目に入り、

キンチョー!!!


問診では、特に変わりがない私の状況をやや大げさに語ってみても
「全く問題なし」で片づけられ、

いざ、内診。


旦那さんが見守る中、無事に
子宮頸管を触診してもらえました^^。
生々しくてごめんなさい。でも神聖なことなので。





「閉まってる」という表現でしたが、まあ、触ってみてOkなんだからOkでしょう。



とにかく、内診をしてもらえたことが満足で、旦那さんにも「安心した」と伝えたら、
「僕も、何時間も待たされたけれど、先生の態度にだいぶ安心したよ。」と言っていました。




ただ、

喜んでばかりでは終われないのが・・・・



そう、体重計。



内診直後に、なぜか服を着てという指示の前に(でも上半身は着てるし、幸運にもチュニックだったので、見えそで見えないわかめちゃんスタイルだったはずですが)、

「そこに体重計あるから、のってねー」と言われて、



恐る恐る・・・足をのせると・・・。



驚異!大台越えてるよ!!!!



妊娠前から、9キロ増でした・・・・・><。


もう、信じられないという気持ちしかなく、凹みました。

確かに、まったく食事制限してません(量に関して)が、
別に暴飲暴食はしてないし、食欲もそこまで増えた感覚はないし、
第一、わりと少量で胃が苦しくなるから思う存分食べることはないんです。

デザートだって3日に一回食べるくらいだし、
飲み物に砂糖とか入れないし、

まして週6回立ち仕事してるのに?????です。




今で9キロ増じゃ、15キロ増くらい楽勝なんじゃ???



あーやだやだ。対策のしようがないところが、実に困りものです。





てゆうか、日本人なのに食べ過ぎなんだろうな。それが、ほんとのところなんだろうな~。

3食、御飯と味噌汁にもう一皿くらいの献立を毎日続けたら、それぐらいがちょうどいいんだろうな~~。



しかしまあ、旦那さんには「がいこつ」といまだに呼ばれていて、
彼の目には”まだまだ太れる”ようにしか見えないらしいので、お言葉に甘えちゃおうかな。



妊娠糖尿病もクリアだったし^^。


1021d.jpg
9月中旬。コルマールの街中のレストランにて。
1021a.jpg
前菜、お肉のサラダで、私は一切食べれません。
レタス類も、洗ってるか心配が拭えないので食べません。茹で卵だけ食べました^^。

1021b.jpg
私のメインは、レバーのつくねとじゃがいものソテー。
サラダは上記の理由で、食べませんでした。
実際レストランで働いているので・・・洗い方には信用できない部分があって・・・。妊娠してなかったら、全く問題なくたべますけどね^^。
1021c.jpg
旦那さんのメインは、これみよがしに生肉。牛のタルタル。
でも、おいしくなかったそうな。かわいそうに^^。


1021.jpg
この時点(先月)で、顔が丸々!!!!













妊娠~出産 | 22:55:13 | トラックバック(0) | コメント(2)
フランスのストライキ

ストがよく起こるとは、聞くけれど。

都会に住んでるわけでもないし、
通勤に電車を使うわけでもないしで、

いたって影響をうけないコルマールライフ。


その上、家にテレビがなく(これは、ファイファ家が特別ふつうじゃない事実)、
ラジオも音楽系以外は聞かない(聞いてても意味がわかるのはくだらないことばかりで・・・)ので、

今、ストライキ中だってこと知りませんでした。




1019.jpg
話題に無関係。フランス版とんがりコーン。プレーン味を試したら、
日本のとそっくりで感動^^。







続きを読む >>
風景 | 10:56:51 | トラックバック(0) | コメント(3)
廊下のタイル張り セバスチャン編

旦那さんの16歳くらいの時の友人、セバスチャン。

18で彼が軍隊に入隊してから、一度も会っていなかったけど、
私達の結婚パーティー2009,5月には来てくれました。
(セバスチャンが今28くらいだから、10年ぶりの再会)

その時を境に、

連絡を取るようになって、
みんなでドイツに遊びに行ったりして、


タイル張りをしてくれることになったのです。


なんて、固い絆なんだ!!なんていい奴なんだ、セバスチャン!!!



というのも、彼らが出会ったころ、
家出同然だったセバスチャンを「居候させたことがある」と言う旦那さん。


期間はわかりませんが、長いこと一緒に住んだようです。(旦那さんとしては、
家に帰っても友だちがいることが嬉しかっただけらしいんですが・・)


情けは人のためならず。まさにこの言葉に尽きます。

当時の旦那さんが、今のセバスチャンを動かせたのでしょう^^。




ガチの無報酬で、好意のみでやってくれたセバスチャンの仕事ぶりがこちら。

1017a.jpg


続きを読む >>
衣食住 | 13:26:02 | トラックバック(0) | コメント(4)
妊娠糖尿病検査。

今日は私の日曜日。世間さまは水曜日。


昨日のうちに洗濯は終わらせたので、朝一のお仕事はなし。

なぜって、朝一でラボにて血液検査があったので。


前回の婦人科での検診の際に書かれた”ラボでの検査事項”に、
今回は妊娠22週以降に受けなければならない妊娠糖尿病の検査がありました。


その際、前日の夜から”何も食べない状態で”朝ラボに赴くようにと言われていましたので、
洗濯なんかしてられないだろうということで、
今朝は8時に起きて、8時半にラボへ。




続きを読む >>
妊娠~出産 | 20:33:22 | トラックバック(0) | コメント(4)
赤ん坊の名付けについて

私が妊娠しているということがわかると人は

「男の子?女の子??」とすぐに聞いてきます。

少し前までは「まだわからないんです~」で済んだけれど、

今は、「女の子です。」と答えることになって、

するとすかさずに

「で、名前はな~に??もう決めた??」と展開します




1011.jpg
フランスでは一般的。紙による立体包装。





続きを読む >>
妊娠~出産 | 21:35:08 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ

FC2Ad