■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■プロフィール

サチヨ

Author:サチヨ
横浜出身のサチヨです。
理由なくフランスに惹かれて、ワーホリでの1年間の最後の一週間で、今のだんなさんである仏男と出会いました。

何事も超前向きな元パン職人の現コックさん、サチヨ。
それを超えて前向き、パワフル、日本食が大好きな彼とともに、アルザスで元気に暮らしております。
サチヨは1980年申年、だんなさんは1979年未年生まれ。

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

長男3週間。



おととい、長男の1ヶ月健診に行きました。

まだ、1ヶ月でないんですけど、と


大好きなおじいちゃん先生に言うと
「そうね。でもぼく、明日からバカンスだから☆」


と言われました。それでか~~~!納得。




3週間目だけれど、


体重が4400グラムに増えていて「お見事!」と先生からのお墨付き。


「いいこだね。お利口だね。お母さんが頑張っているからだね」と、
先生は相変わらず、妙に私に肯定的でありがたいです。
↑家にいる男性(夫)は、いつでも私の行動に批判的なので・・・。





身長も56,5センチに増えていて「どうりで1ヶ月のサイズの服がきつきつ・・・」とこれも納得。

チビ二人を歩かせて小児科へ行くのは不可能だと思って、次女は保育園へ延長で預けていたので
長女と二人で小児科へ長男を連れて行きましたが、

先生の興味は長女へ向いていて、「もうすぐ(フランスの)小学校だね。」「日本語、勉強しているんだって?」
「いいお姉ちゃん、頑張っている様でよかったよ」と、

長男については、何も話す内容がまるでないようでした。



ま、3週間で800グラムも増えていたら、それでもう何もいうことないですよね。


P1450583_convert_20170730042536.jpg
6月末の写真。
セールで、家族4人分の同じ靴を旦那さんが買ってきました。




続きを読む >>
スポンサーサイト
子供のこと | 20:47:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
三人目育児・長男のいる生活♪


写真は、産後6日。


P1460159_convert_20170730035437.jpg

長男がまだ小さい~~~

続きを読む >>
妊娠~出産 | 20:23:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
三人目出産・退院から2日。





この日は、長男生後5日。


血液検査の再検査があって、産院へ行く予定が15時にありました。


P1460142_convert_20170726201139.jpg
長男が寝た隙に、子供たちと工作の時間 with 救世主。

続きを読む >>
子供のこと | 13:02:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
3人目出産・家に帰ってきましたよ~




家に帰ってきてから、

夜中のオムツ・授乳に関して、長女・次女のときとは劇的に変化。

このわたしがなぜか、すっきりと起きれる☆



旦那さんも真剣にびっくりしています。「みーちゃんの時、まったく泣き声で起きなかったのに、
長男に関しては起きれるんだね・・・」と救世主天使モエコに洩らしていたそう。←悪口?







P1460100_convert_20170725033610.jpg
日本からのお祝いと共に。

自覚してます。夜中、すっきり起きれてます。不思議です。
でも、オムツ替えて、授乳して、そのままちょっと時間がかかると、眠気がすごいつらい・・・。
ピークは20・25分後くらい・・・。

30分位経ってそれでもまだまだ飲み続けているときは
もう逆に目が冴えてくるんですけど(そういうときはそのまま育児日記のようなものを記入しにリビングへ・・・。)
目が冴えた後でも、ベッドに横になると(長男の顔見ていると)数秒で寝れます。




P1460104_convert_20170725033247.jpg
笑っている様に見える♪





退院後は、やはり体の下腹部が”違和感”ありました。
空洞を抱えているようで、座るとき・立つ時がその空洞が”違和感”があって不快です。
(直接的な説明が出来ないので・・・変な表現ですが。)




とにかく座る時がゆっくりしか無理で、
なるべく柔らかいところに座りたい。

その感じは1週間位続きました。

出血は、基本的には一ヶ月くらいは続くみたいです。(私がどうかは、内緒♪)










続きを読む >>
妊娠~出産 | 21:38:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
退院の日。



長男は、一泊目(なんか変だけど)こそ20時から24時くらいまで、授乳→うとうと→置くと起きる→爆音で泣く→授乳を
ループでやってくれて、私を困らせたけれど、
2泊目の夜は19時頃からおっぱいにやっとお乳が湧き出てきたようで、

20時にはそのお乳が眠り薬かのような勢いで寝てくれました。
私はその頃後陣痛で長男の横のベッドでのたうち回っていましたが・・・(←早く鎮痛剤を飲むと言う決断力があれば・・・)。

行動力はあるけど決断力がないのが自分の悪いところだなと、最近気がつきました。
(決めるのが苦手で、何でも決めないでやり過ごしてきたタイプ・・・)



P1450993_convert_20170722233452.jpg
そして生まれて3日目の朝。
健診を見事にクリアして、退院が決まった長男。おめでとう☆


P1450994_convert_20170722233623.jpg

11時半に「お昼食べてから退院するの?」と旦那さんから電話があって、「食べないよ!」とちょっと怒ってしまった私。

12時に迎えに来てくれて、やっと自宅に帰ることが出来ました♪



長男、ここが我が家だよ~~ってね。




続きを読む >>
妊娠~出産 | 16:35:33 | トラックバック(0) | コメント(2)
3人目出産・無痛分娩と後陣痛の痛み。



6日に出産して、0時57分だったけれど
出産した当日は入院期間に数えなくて3日間の入院とのことで、

木曜に出産・金土日の3日間が入院期間。

というか、日曜日の12時に退院なので、出産後2泊3日で退院するのが3人目のようです。

私は木金土日の3泊4日だったんですけど。←ややこしい。
(正確には水曜の22時から病院に入ったから4泊5日♪)


というか、上に書いた文章分かりづら過ぎる文章だなあ
もっと書き方あるんだろうけど・・・
頭が回らない・・・
寝不足ではないんですよ。長男と昼寝昼寝の毎日で☆




P1450943_convert_20170717004025.jpg

それはどうでもいいんですが(どうでもよくはないか。日本では5日から1週間入院できるんだもの。
最速2泊3日で退院させられるってどうなのさ!)、


今回、麻酔が超絶怖かったけれど

無痛分娩の革命的さよ!








22時に病院に着くまで、19時ごろに家で掃き掃除、洗い物、をしている間はなんとか
カントカ平気だったけれど、

20時ごろのシャワーの時点ではいよいよ、声出して、いちいち体勢を整えて陣痛を逃さないと
いられない位に痛い。(今回は腰はさほど痛くなくて、下腹部・お腹前方の痛みが凄い)




21時過ぎに、助産婦さんから持ってきて欲しいと言われていた”麻酔に必要な血液検査”を
いまさらプリントアウトして(検査結果が全部メールでくるようになっていたので、紙に印刷しないといけないと言う手間!)、

それが終わった旦那さんが「もう病院に行こう」と言ってくれたのでやっと出かけました。
(姉妹は18時の時点で雲行きが怪しかったのですでにババ宅でお泊り。)


自分の中では痛いけど、まだ40週一日だし、
もしかしたら前駆陣痛かもだし・・・とうじうじしていました。判断力なさ過ぎ。




旦那さんは私の痛がる声を聞いて「次女のときの分娩台の上の叫びと同じ」と判断したようです。
それで、GOと思ったそう。


実際出産を終えて、「今回と次女のときと、同じ感じで痛がっていたね」と言われてびっくり!

「いやいやいや、次女のときは死ぬかもと思ってもっと絶叫していたし、
もっと暴れていたし!」
と言ったら、

「そんなことない。今日一番痛がっていた声と同じ感じだったよ。」の一点張り。



次女のときは、本気で死ぬかと思って大騒ぎして産んだ記憶しかないのだけど・・・
旦那さんは「大暴れって、あんなもん騒ぎのうちに入らない」と次女の産後からずっと言っていましたが・・・。


旦那さんとしては「麻酔なしでも今回も絶対に産めた。」という見解のようです。


↑痛いの我慢しているのは、3回ともこの私ですけどね♪








P1450946_convert_20170720062420.jpg

というわけで、
21時半過ぎに病院へ着き、(車椅子で産科へ旦那さんに押して貰い)、
内診の結果5センチ大に開いていると言われてすぐに分娩台へ(歩きで)。

数分ごとにギャーーんと痛みが来るので、よちよち歩きですが意外と歩ける・話せる。


「このまま陣痛がなくなってしまったら、今日産めなかったらまたこの陣痛逃しはじめから><」という
意味不明な不安がありながらも分娩台へよじ登ると、


明らかな出産の準備が一人の助産婦さんの手で着々と進み^^、

「間に合わないかもだけど、麻酔医師呼ぶ??」と聞かれ、


「よぶよぶよぶ!!!」と連呼。


じゃ、このまま待っててね、と言われ30分?45分?
麻酔医師来れそうみたいよ~~と言われたときの安心感。

この時点での陣痛は、もう旦那さんの手を握り締めてただただイタイイタイイタイと逃す(ヨガの呼吸法、効果を見せず)。

23時ごろにこわもての麻酔医師が到着。すぐに、分娩台の上に座れと指示されるけども・・・
思うように動けないのよ。
あなた、何回も妊婦さんの陣痛を見ているでしょう、良くもそんな冷酷に「ちゃんと座れ」と指示できるよ・・・。

と半分切れながら、言われたとおりに分娩台の上であぐらかいて座って背中丸めて、肩を落として・・・
って、陣痛が~~!!ひーーー!!痛い~~という間は旦那さんのSOSがあって、
「今陣痛来てるみたいなので・・・」と言ってくれて麻酔医師も「じゃ、波が過ぎるまで待ちましょうか」と
言ってくれました。じゃないと、麻酔の針が刺さるときにでも痛くて飛び跳ねちゃう~~。




麻酔は、
まず表面の肌を麻酔かけて、次に長さが20cm位(私は見てないけど、旦那さんは見たって。長い針だったって。
本来、旦那さんは外で待たされるみたいだけど、うちの旦那さんは残って良いですかと打診してしぶしぶOKして貰っていました。
麻酔医師は、このアジア人の妊婦はフランス語がわからなそうだからと思ったのかも。私半分切れてて、返事ほとんどしなかったから・・・)の針で、背骨の隙間に打つみたいだけど、

一個目の麻酔はチクッと思いっきり感じたけど、

二個目の長い針?のほうの麻酔は、何一つ感じることなく5分以上「いつだろいつだろ・・・」と緊張で身を堅くして待っていたけど、
いつのまには先生が絆創膏(と言うかテープみたいなの)を張り出していて、「はいおわり」と作業を終了。



旦那さんに「いっこも感じなかった」と確認。「長い針、刺していた?いつ??」と聞いたら、

「上手な先生でよかったね☆ちゃんと刺していたよ、なが~~~~い針^^」と言われてぞっとしました。



P1450948_convert_20170720062547.jpg


その後は、麻酔のおかげで陣痛を感じなくて1時間全開大までのんびり待機。
旦那さんと世間話したり、写真撮ったり、動画を撮ったり、有意義に過しました。
分娩室での恐怖の時間を緩和したくて持ってきていた大好きなCDを聞きながら♪(Jpop)


お産は、順調を絵に描いたようなスムーズなもので、いきみも効率的に^^出来て、
本当に楽チンでした。


なぜかおしりが異常に痛くて、
ボタンを自分で押して麻酔を増やせば痛みを感じずに済んだんでしょうが
無意味な意地っ張りのせいで麻酔は増やさずに痛いまま、おしりがいたい~~と
無意味に叫びながらでしたが。


おしりがいたいのは「赤ちゃんが通っているから」と助産婦さんに言われたけど、
「いや、そうじゃなくて、おしりが痛いんです。」と無駄な主張。

そうじゃないもなにも、赤ちゃんが通っているから痛いんだし!




P1450959_convert_20170720062703.jpg

麻酔のおかげで、100倍以上(当社比)楽に産めた長男でした。


でも、
産後二日目の夜24時・・・。私は痛みで悶え、それが私を苛立たせ、眠れない夜を過したのでした。


P1450974_convert_20170720062907.jpg



その正体は、後陣痛。


正直、舐めていました。





痛くて耐えられないので、鎮痛剤飲んで寝ました。


妊娠~出産 | 22:49:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
長男、新生児☆



自分はもう高齢出産の年齢に入っていて、


長男妊娠中、出生前診断の結果が少々芳しくないものでした。
長女・次女と比べると・・・なんですが。


それでも調べると、日本ではその数値では「陰性」と判断されると言うこと、

そして羊水検査で真実が分かったところでお腹に宿ってきてくれた子を(その時点では性別は不明)
なかったことには出来ない、その気持ちは覆せず羊水検査はせずに妊娠を継続。


長男が生まれてくるまで、毎日心配と、でもきっと大丈夫。もしも染色体異常の子であっても
私たちの子には変わりないし・・・と気持ちの変化があって、


どんな子でも無事に生まれてきてくれさえすれば、

そして私自身がちゃんと生きて産めればそれ以上何も望まない、そんな風に思っていました。
(無痛分娩に対して異常なまでの恐怖心拭えず・・・)







P1450926_convert_20170717003303.jpg

生まれてきた長男は、旦那さんの言葉通り「何も問題ない」子でした。
妊娠中から「僕は信じているよ。お腹の中で頑張っているこの子は、自力で生きることを決めた子だから。
何も心配いらない。問題ないよ。」といつも私を安心させてくれました。

彼のこういう言葉がいつも現実になる。

出産のたびに思うのだけれど「彼がいなかったら、私は妊娠出産は耐えられないだろうな」ということ。







P1450928_convert_20170717003601.jpg
少し年上の空手仲間の方からのお祝いの数々。(一組の夫婦からこれ全部)
旦那さんの人徳。



性別も、私はほぼ”また女の子”であると確信していました。11月から。
つわりの症状も同じで、直感で「女の子だな」と。


「私がこんな(どんな??)だから、また女の子でしょうね」と発言して落ち込んだ顔見せた時に
旦那さんのお友達(男性)が

「え?性別は父親の力量だよ。サチヨのせいで決まるものじゃない!」と言ってくれて、
肩の荷がすっと降りた日の事今でも思い出します。


男の子だとわかった日に旦那さん。
「ほらね♪」としたり顔。


私は信じられなくて、8ヶ月のエコーの日まで引きずって「性別本当に・・・」とおずおずと
聞いたら先生は食い気味で

「男の子だよ。」と言ってくれて、思わずニヤニヤしてしまいました。


旦那さんは男の子がやっぱり欲しかったみたい。

私自身は、実際に長男に会うまで信じられなかったし、育てていけるのか漠然と不安がありました。






P1450934_convert_20170717003431.jpg
リヨンから救世主天使モエコ参上☆
早速宿題を見てくれている。←私がどんだけ人使いが荒いかって^^。








今日の長男、生まれて10日。


23時に寝て、朝5時20分まで寝ていました。

退院後2時間おき、2時間半おき、3時間おき、4時間おき、と寝る時間が延びて今日は5時20分まで起きず。





優秀。親孝行。




生まれて5日目に産院へ検査に行って(簡単な血液検査で再検査があって行ったけど問題なしでした)、
体重を計ったら生まれた体重から200グラム増えていました。


助産婦さんが、


「この5日目に200グラム増えているグラフ、初めて見たわ!!」と真剣に驚いていました。


体重計に乗せたら、「ぎゃー」と泣いて、次の瞬間に体重計の上でまた寝始めた長男。


「母乳が良く出ていておいしいのでしょうね。お母さん、偉いえらい!!!」と言ってもらって、ほっとしました。
助産婦さんってこういうほっとできる言葉のチョイスが絶妙で、本当に憧れる職業です。
(婦人科の先生は男性で淡白な人なせいもあるのかな。でもこの先生も
長女・次女もお世話になっているので、私は本当に信頼している先生です。)


















P1450939_convert_20170717003718.jpg



お姉ちゃんたちにもみくちゃにされて、なかなか静かなお昼寝時間はないのだけど、
昼寝も寝るときは4位間くらいずーーっと寝ています。

なので、私は掃除や洗濯もできて、すごく充実した時間を過しています。



救世主天使モエコが来てくれたおかげなんですけどね☆



P1450941_convert_20170717003822.jpg


長女は、次女誕生のときのような聞かん坊さんから成長を遂げ、
静かにして欲しいときはちゃんと静かに、抱っこも割とちゃんとできる様になりました。




その分、まだ3歳前のややこし屋次女・・・。


要注意人物です。
でも長女よりは、体も小さくて女子力が高いせいかナデナデする手つきはソフトです。



最近の次女の口癖は「マモン(お母さんのときもある)、ナデナデして~(と、フランス語で)。」

それと、私の顔を見て「おかあさん、ごめん・・・」(大きな声で泣いてごめんね・いやいやしてごめんね・
さっきおトイレ失敗してごめんね・・・等々)





幼い子に我慢ばかりさせて心苦しいと救世主天使モエコに相談したら、

「でも、我慢することを覚えるのも・・・必要なんじゃない?!」と、
悩む母親に対しては100点の答えをくれる。






モエコ、やっぱり天使。




私の人生に現れた4人目の天使。



一人目は旦那さん、二人目は旦那さんのママ、三人目は旦那さんのマミー。



妊娠~出産 | 18:01:28 | トラックバック(0) | コメント(2)
長男、無事に誕生♪




この度、7月6日に
日本式の予定日の翌日、40週と1日で長男を無事に出産しました。



私たちを守ってくれたご先祖様仏様に、感謝です。





P1450813_convert_20170713065727.jpg

5日の13時から始まった陣痛の末、

6日の0時57分に生まれました。5日の18時の段階で助産婦から「12時間くらいはたいていかかるから・・・」と言われて
その場では病院には駆け込まなかったけど、

見事最初の陣痛から12時間後に生まれたので、助産婦さんの読みの素晴らしさに脱帽でした。

12時間かかるか・・・そうかひーちゃんも始めの陣痛からちょうど12時間で生まれているな・・・
よし、深夜1時ごろ生まれるのか・・・うん、陣痛逃しがんばろう。ゴールはすぐそこ!!


そんな風に気持ちを準備できたのが、すごく良かったです。

P1450858_convert_20170713070500.jpg

麻酔が本気で怖かったけど、
ひーちゃんの時の骨盤の広がる痛みが尋常じゃなくて、今回耐えられる自信が全くなかったので、
無痛分娩を希望。


選んで正解でした。




麻酔が効き始めるまでの23時まで(病院に着いたのは22時)はギャースカ言いながら陣痛の痛みを味わいましたが、
それで子宮口は5センチ大。

そこからの全開までの1時間半くらいは、「今陣痛来てる??」というレベルで何も痛みなく過しました。
バンバイザイデス。



時刻は0時半。6日に産みたかったので助産婦さんから「はい、日付も変わったし
全開だし、いついきんでもいいよ~~~」とゆるく指示されて、




「え???」と戸惑いながらも、いきむ。



「ワーーー上手☆。どんな技か知らないけど、うまいわね~~」となんか分からん褒め言葉に
浮かれながら、ふんぎゃーーーーっといきんで(30日ぶりの排便のような感触)、

最後に「もう出るよ~こっちみてみて~~~」とゆるく声掛けていただいたので


出てくる方向に顔を向けると、でゅるん!!と赤子さん。
ご対面~~と同時に爆泣き長男君。

かなり長いこと泣いていました^^。



フランスでは、お母さんの胸に抱えさせてそのまま全部が進んで行きます。
洗ったりしないし、計測もだいぶあとです。

赤ちゃんは軽く30分はお母さんの胸の上に置かれて(恐らく何も問題のない子だからだけど)、
私はずーっとずーっと「あーよかったねーあーーーよかったよかった。」と言い続けていました。



胎盤が出て、お腹ぎゅうぎゅう押されて、
その後の処置がきて、赤ちゃんの計測・オムツ装着。


その後、2時間分娩室に放置されます。(後で知ったけど、これは日本も同じみたいですね。)
授乳もしたり(というか自分は寝そべっているだけ)で時間がたっていきました。

旦那さんには帰ってもらいました。時刻は2時半。5時間後にはみーちゃんが幼稚園へ行くので。


でも、
8時半登園だけど、その時間にみーひーを病院へ一度連れてきてもらうことにしました。

姉妹にはそれが重要なことだと思ったので^^。


P1450816_convert_20170713073515.jpg
姉妹との初対面~~。「かわいいかわいいかわいい~~~」と大騒ぎ。
ひーちゃんはまだ少しきょとんとしていました。






続きを読む >>
妊娠~出産 | 23:45:00 | トラックバック(0) | コメント(3)
ひーちゃんの遠足。



6月23日の金曜日、
ひーちゃんは保育園の遠足がありました。


先日家族で行った”コウノトリ公園”に3歳未満の保育園児がみんなでぞろぞろと行くようです・・・。
先生、ご苦労様・・・。



5ユーロで連れて行ってくれるとのことで、
親同伴でもいいのですが、我が家は生憎旦那さんは仕事、私は臨月で、同伴は出来ない。
(無理すればいけるけど、ひーちゃんはすぐに抱っこをせがむ性質があって、
そうなった時に私には対応し兼ねる・・・と判断しました。抱っこで炎天下コウノトリ公園の見学は
無理だわ・・・)



それでも楽しかろうと、同伴なしで行かせました。
(こういうとき、何気なく「事故にあったらどうしよう・・・」と真剣にどきどきする私。
反して、「絶対に大丈夫。僕たちのこにはそういう恐ろしいことは起きない。」とえらい強気の旦那さん。)



P1450562_convert_20170703034125.jpg
なかなか暑い日でした。
ひーちゃんはお気に入りのワンピースに、最近ハマっている”アナ雪”仕様の髪型☆




ゴキゲンで、保母さんの車で出かけていきました。






続きを読む >>
衣食住 | 20:08:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
夏のお誕生日会。




また、旦那さんの10年以上のお友達のうちの子の誕生日会へ。

ミュールーズの方のおうちへ。


P1450513_convert_20170630164308.jpg

一日外でなんとなく過して、BBQして・・・とにかくみんなでおしゃべり~♪
さすがにもう7年位一緒にこうして過しているので気も使わないし、

のんびりとしていたらお昼ご飯が出てきて・・と楽なのでうれしいです☆




P1450535_convert_20170630164533.jpg

日焼けが嫌で日陰にいたつもりが・・・
ふつうに日向・・・><。


まあいいか。


P1450551_convert_20170630164831.jpg

BBQが始まるのは14時ごろ、ケーキが出てくるのは17時過ぎです~~


P1450555_convert_20170630165200.jpg

ひーちゃんが大量にデザートを食べるので、友達みんなが「この子こんなに食べていいの??」と
何回も聞かれました。
手作りのケーキとアイスだったのでGOサイン出しました。



P1450558_convert_20170630165033.jpg

夏の誕生日は、外でみんなで過ごせるから楽しいね♪
みーちゃんは2月生まれだもんね・・・。

ひーちゃんんは夏生まれで、今後嫉妬したりするのかな・・・。



風景 | 18:34:35 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad