■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■プロフィール

サチヨ

Author:サチヨ
横浜出身のサチヨです。
理由なくフランスに惹かれて、ワーホリでの1年間の最後の一週間で、今のだんなさんである仏男と出会いました。

何事も超前向きな元パン職人の現コックさん、サチヨ。
それを超えて前向き、パワフル、日本食が大好きな彼とともに、アルザスで元気に暮らしております。
サチヨは1980年申年、だんなさんは1979年未年生まれ。

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

長男、新生児☆



自分はもう高齢出産の年齢に入っていて、


長男妊娠中、出生前診断の結果が少々芳しくないものでした。
長女・次女と比べると・・・なんですが。


それでも調べると、日本ではその数値では「陰性」と判断されると言うこと、

そして羊水検査で真実が分かったところでお腹に宿ってきてくれた子を(その時点では性別は不明)
なかったことには出来ない、その気持ちは覆せず羊水検査はせずに妊娠を継続。


長男が生まれてくるまで、毎日心配と、でもきっと大丈夫。もしも染色体異常の子であっても
私たちの子には変わりないし・・・と気持ちの変化があって、


どんな子でも無事に生まれてきてくれさえすれば、

そして私自身がちゃんと生きて産めればそれ以上何も望まない、そんな風に思っていました。
(無痛分娩に対して異常なまでの恐怖心拭えず・・・)







P1450926_convert_20170717003303.jpg

生まれてきた長男は、旦那さんの言葉通り「何も問題ない」子でした。
妊娠中から「僕は信じているよ。お腹の中で頑張っているこの子は、自力で生きることを決めた子だから。
何も心配いらない。問題ないよ。」といつも私を安心させてくれました。

彼のこういう言葉がいつも現実になる。

出産のたびに思うのだけれど「彼がいなかったら、私は妊娠出産は耐えられないだろうな」ということ。







P1450928_convert_20170717003601.jpg
少し年上の空手仲間の方からのお祝いの数々。(一組の夫婦からこれ全部)
旦那さんの人徳。



性別も、私はほぼ”また女の子”であると確信していました。11月から。
つわりの症状も同じで、直感で「女の子だな」と。


「私がこんな(どんな??)だから、また女の子でしょうね」と発言して落ち込んだ顔見せた時に
旦那さんのお友達(男性)が

「え?性別は父親の力量だよ。サチヨのせいで決まるものじゃない!」と言ってくれて、
肩の荷がすっと降りた日の事今でも思い出します。


男の子だとわかった日に旦那さん。
「ほらね♪」としたり顔。


私は信じられなくて、8ヶ月のエコーの日まで引きずって「性別本当に・・・」とおずおずと
聞いたら先生は食い気味で

「男の子だよ。」と言ってくれて、思わずニヤニヤしてしまいました。


旦那さんは男の子がやっぱり欲しかったみたい。

私自身は、実際に長男に会うまで信じられなかったし、育てていけるのか漠然と不安がありました。






P1450934_convert_20170717003431.jpg
リヨンから救世主天使モエコ参上☆
早速宿題を見てくれている。←私がどんだけ人使いが荒いかって^^。








今日の長男、生まれて10日。


23時に寝て、朝5時20分まで寝ていました。

退院後2時間おき、2時間半おき、3時間おき、4時間おき、と寝る時間が延びて今日は5時20分まで起きず。





優秀。親孝行。




生まれて5日目に産院へ検査に行って(簡単な血液検査で再検査があって行ったけど問題なしでした)、
体重を計ったら生まれた体重から200グラム増えていました。


助産婦さんが、


「この5日目に200グラム増えているグラフ、初めて見たわ!!」と真剣に驚いていました。


体重計に乗せたら、「ぎゃー」と泣いて、次の瞬間に体重計の上でまた寝始めた長男。


「母乳が良く出ていておいしいのでしょうね。お母さん、偉いえらい!!!」と言ってもらって、ほっとしました。
助産婦さんってこういうほっとできる言葉のチョイスが絶妙で、本当に憧れる職業です。
(婦人科の先生は男性で淡白な人なせいもあるのかな。でもこの先生も
長女・次女もお世話になっているので、私は本当に信頼している先生です。)


















P1450939_convert_20170717003718.jpg



お姉ちゃんたちにもみくちゃにされて、なかなか静かなお昼寝時間はないのだけど、
昼寝も寝るときは4位間くらいずーーっと寝ています。

なので、私は掃除や洗濯もできて、すごく充実した時間を過しています。



救世主天使モエコが来てくれたおかげなんですけどね☆



P1450941_convert_20170717003822.jpg


長女は、次女誕生のときのような聞かん坊さんから成長を遂げ、
静かにして欲しいときはちゃんと静かに、抱っこも割とちゃんとできる様になりました。




その分、まだ3歳前のややこし屋次女・・・。


要注意人物です。
でも長女よりは、体も小さくて女子力が高いせいかナデナデする手つきはソフトです。



最近の次女の口癖は「マモン(お母さんのときもある)、ナデナデして~(と、フランス語で)。」

それと、私の顔を見て「おかあさん、ごめん・・・」(大きな声で泣いてごめんね・いやいやしてごめんね・
さっきおトイレ失敗してごめんね・・・等々)





幼い子に我慢ばかりさせて心苦しいと救世主天使モエコに相談したら、

「でも、我慢することを覚えるのも・・・必要なんじゃない?!」と、
悩む母親に対しては100点の答えをくれる。






モエコ、やっぱり天使。




私の人生に現れた4人目の天使。



一人目は旦那さん、二人目は旦那さんのママ、三人目は旦那さんのマミー。

スポンサーサイト


妊娠~出産 | 18:01:28 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
愛に溢れてしあわせいっぱいな日記♪
長男ぼうや、親孝行ね♪
救世主天使さまにも大きな感謝(^^♪
2017-07-17 月 02:44:49 | URL | maa [編集]
Re: タイトルなし
長男は、今のところ親孝行。
でも次女も本当に1歳くらいまでは最高に育てやすいいいこだった・・・。

最近思うのは、長女が少し情緒不安定かも・・ということ。小さなことで、急にメソメソ泣いて、夜驚もあったり・・。
次女より、繊細でガラスのハートなのかも。
次女はすごいよ、ド図太いよ。旦那さんのどんな怒号もまったく意に介せず。
2017-07-24 月 21:45:44 | URL | サチヨ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad