■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■プロフィール

サチヨ

Author:サチヨ
横浜出身のサチヨです。
理由なくフランスに惹かれて、ワーホリでの1年間の最後の一週間で、今のだんなさんである仏男と出会いました。

何事も超前向きな元パン職人の現コックさん、サチヨ。
それを超えて前向き、パワフル、日本食が大好きな彼とともに、アルザスで元気に暮らしております。
サチヨは1980年申年、だんなさんは1979年未年生まれ。

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

新生児のお世話。




10日くらいを過ぎて、

寝る時間がかなりまとまってきて、
夜中の授乳も3時間・4時間間隔になる驚異。


P1460377_convert_20170813232631.jpg
ありがたいことに、おっぱいの分泌量がかなり足りているということだと思うけれど、
パスポートの申請に行った(コルマール中心地の市役所へ)日は、

お昼寝が長すぎて、ベビーカーで出かけたらまたさらに寝てくれて、
こちらの分泌が過多に。


工場は、在庫の持ちすぎで悲鳴をあげる形に。
頭痛、関節痛がすごくて「このまま乳腺炎や・・・」と絶望的になりました。


かっちかちのボンバー豊乳を持て余し、ベッドから動けずに悶えること
2日間。(といいながら、動くし、「いたい~~~」と叫びながら子供達の食事の準備やシャワーの世話。
地べたにへたり込んで「いたい~~~~」と叫び・・・とにかく我慢)



飲んでさえもらえれば、在庫処理されて問題の解決になり、
乳腺炎にはならずに済みました。長男GJ !!













本で読んだことには、おっぱいの量は「何を食べたか」が影響するのではなく
「どれだけバランスよく食べたか」が関係するのだとか。


フランスへ越してきて、主婦になって自分で食事を作る様になってから、
何を食べるか、どう食べるか、外食は何がいけないのか、安全な食品を食べることの必要性なんかを

どんどん考えるようになって、

自分なりにいろいろと努力して、注意してやってきたけれど、

その成果が母乳といういいものを作り出す体になれたのだとしたら、ものすごく嬉しい。





P1460381_convert_20170813232751.jpg
夫にも、毎日感謝される。
「きれいな赤ちゃんをありがとう。」「強い赤ちゃんをありがとう。」と。


彼らがきれいで強いとしたら、
それはあなたのおかげだと、私は思うのだけれど。




P1460387_convert_20170813232929.jpg
最近感じるのは、

母乳で育てるって、少し「傲慢」なんじゃないのかなっていうこと。
フランスでは、ですよ。

なんか、「独占欲」丸出しのような気がします。

↑こうは書いたけど、上手に説明できません。すいません。



そんな風に考えるようになったのも、3人目だから。
1人目のときなんかは、自分の育児にしか目が向かなかった。

人がどう思うかなんか、関係なくない??の様に思う節がいっぱいあったな。





こんな風に、自分を成長させてくれる。それが子育て。育児=育自なんですよね☆



P1460394_convert_20170813233056.jpg




P1460402_convert_20170813233335.jpg

まだまだ、
怒鳴って、突然キレるダメな親だけど、その分一生懸命なんだって彼らには伝わっていると思う。

いや、


いつか、分かってもらえる。



自分自身が、


親がどれだけ必死で真剣に私たちを育ててくれたか、今いっぱい感じるように。





スポンサーサイト
子供のこと | 16:02:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad