FC2ブログ
 
■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■プロフィール

サチヨ

Author:サチヨ
横浜出身のサチヨです。
理由なくフランスに惹かれて、ワーホリでの1年間の最後の一週間で、今のだんなさんである仏男と出会いました。

何事も超前向きな元パン職人の現コックさん、サチヨ。
それを超えて前向き、パワフル、日本食が大好きな彼とともに、アルザスで元気に暮らしております。
サチヨは1980年申年、だんなさんは1979年未年生まれ。

■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

バカンスがやっと終わる~。



どこも行かずに、

そして天候は温かめだった今回のスキーバカンス。

子供たちには悪いなと思いながらも、地味に家で遊んだりする2週間だったけれど、
最後の〆に、遊びに出かけました。


P1530556_convert_20180329215707.jpg

超地元の、家から歩いてもいける場所で開催中の
バルーン遊具会場へ~~~!


P1530562_convert_20180329215831.jpg

といいつつ、はじめに乗るのはバルーン遊具ではない。
→我が家の子あるある~~。いつでもへそ曲がり。


長女なんか、着いて早々に「塗り絵」ブースで塗り絵するって><。しかも、
ほぼ茶色一色の”ターザン”の塗り絵。←おーーい!




P1530564_convert_20180329215954.jpg

旦那さんは朝の5時から仕事の日で、

14時からここにみんなで行ったけど、お疲れのところ一緒に頑張って遊んでくれる。

というわけで、長女もやっとこのさわやかなお顔^^。












P1530577_convert_20180329220323.jpg

飛んだり跳ねたりの遊具もやりつつ、長男もいるので、のんびりしたり^^。

でも、子供が3人でも親が二人(両親)でいれば、どこかとどこか(子供のこと)を
セットにすれば、
みんなで平和的に楽しめるから、やっぱ育児に両親は大切だなあと実感しました。

一人で3人みないといけない時の、子供が3人とも不幸せそうな顔ったらないので・・・。

P1530596_convert_20180329221113.jpg

今回は、バルーン遊具以外もいっぱい遊ぶ、我が家の子供たち。
これも、成長なのかな???

P1530585_convert_20180330142302.jpg


P1530598_convert_20180329223021.jpg

滑り台、旦那さんは好きなんだけど。

次女、そのノリにはついていけないみたい^^。
滑り台は、長女のほうがイケイケで楽しみます♪


P1530606_convert_20180330140105.jpg

長女をさがせ!

分かる人がいたらすごすぎ^^。






答え↓




左から二つ目の枠(スタート地点)に座っている、真ん中の子。です^^。


P1530609_convert_20180329221419.jpg

私は、次女と別行動。
(というか、ふいにいなくなる次女を私が尾行し続ける、かんじでした。)


バルーン遊具で遊びに来たのは、実は
ソエリ家族に誘われたから~~!
というわけで、会場で合流☆

P1530622_convert_20180329222859.jpg

小さめの滑り台が付いている、

air_225.jpg

こういうタイプの遊具が3,4歳には楽しいみたい♪

でも長女も旦那さんも大はしゃぎでこれでずーっと走り続けていましたが^^。




P1530625_convert_20180329222144.jpg

最後は、私は授乳、からの授乳室で休憩☆


旦那さんとソエリ家族(エマとロゴン、ソエリのゴッドファーザー)は、
カプラやツイスターゾーンで、

ゆるゆると遊んでいました。

次女は、安定の「個人行動」。
幼稚園などではお友達と遊ばないらしいのですが、
親といるときも、親とは遊ばない。


ひとりで、奔放に動き回る。


柔軟な、人なのでしょう。





面白かったのが、エマの発言。

「サチヨ、お宅は旦那さんが子供たちと遊んでくれて、しかも持ち物持ったり服脱がせたり、
お金払ったり、トイレ連れて行ったり・・・しくれていいわね。

わたし、その要員で二人オトコを連れてきたのに、

二人とも、常に心ここにあらず?
なのかさあ、話しかけても生返事、気がつくといない、話したい時に電話してる。

もうやんなっちゃう!!」
って^^。


多分だけど、

自分が思いっきりなにかをやってこそ、夫ってあ、ボクも手伝わないとみたいな発想になるんだと思うよ。

エマ自身が「男にやってもらおう」って思っている時点で、
そのスタンスが、男たちのモードをオフにさせてしまうんだと思う。


ワタシ、この日は、

次女ともいっぱい遊んだし、
長女とも滑り台したし、

それで、終わって「あ、長男に授乳しなきゃ」という感じで授乳・・・と、いなくなって。


旦那さん、それなりに、”お手すき”な時間があったんだよね。
毎分毎秒「あれやって、これやって。」と私に言われるほどそばにいたわけでもないし。


そういう、距離が、

オトコ親を動かすんじゃないかな。そばにいて見張って、やらせるんじゃなくて、

自由に動いてもらって、楽しんでもらって、
やって欲しいことは言わないで、自分で動く。

で、

結果があとあと付いてくる、くらいの期待度で。




実際この日は、服脱がせたり、水を差し出したり、写真撮ったり、

全部旦那さんはやっていないのよね。

旦那さん、全力で遊んでいただけなので。



でも、最後に子供たちに服を着せたり、靴履かせたりは、
やってくれた。


だってそのときは、”それしかやることが無いから”。




遊んでいる最中は、彼らは遊んでいるわけで、

ほかの事は頭の中に皆無。「くつした邪魔そうかな?Tシャツズボンにインしたほうがいいかな?のど渇いていないかな?トイレは大丈夫?」 そういうこと、ぜーーーんぜん、思わないのです、彼ら。



なので、

そこをケアさせるのは、かわいそう。




そういうことは、気がついた自分が動いて、



旦那さんには、自分の発想で、自分発信のことを全力でやってもらおうよって、


思いました。




エマには、言わなかったけどね。









スポンサーサイト
レジャー | 06:55:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad